ニュース

国際体操連盟、東京五輪出場枠の維持確認…予選やり直さず

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際体操連盟(FIG)は9日、テレビ会議方式で理事会を開き、体操、新体操、トランポリンの東京五輪出場枠で既にチームや個人へ付与されている枠は維持し、予選はやり直さない方針を確認した。FIGによると、324の出場枠のうち約75%が埋まっている。

 また、五輪出場権に影響する3月の体操種目別ワールドカップ(W杯)バクー大会は、決勝が中止となったため、予選順位が最終成績として認定された。この結果、女子平均台で予選首位だった芦川うらら(水鳥体操館)がW杯3連勝。芦川は、種目別W杯3大会分の成績で争われる個人資格での五輪出場に向け、前進した形となった。

 五輪開催年を節目に改定してきた採点規則は、2021年末まで適用期間を延長。20年末までに体操男子とトランポリンは18歳、体操女子と新体操は16歳に達していることを求めていた出場資格の制限も、五輪延期に対応する形で修正する。

無断転載・複製を禁じます
1158960 0 東京オリンピック2020速報 2020/04/10 21:04:00 2020/04/10 21:04:00 2020/04/10 21:04:00

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年8月4日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう