ニュース

五輪延期の経費「首相が負担に合意」、IOCが明らかに

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、2021年に延期された東京五輪の経費について、「安倍首相は、20年に向けて取り決められた既存の負担割合に応じ、引き続き日本が割り当てられた費用を負担することに合意した」と明らかにした。追加される経費の大部分について、日本側が負担するとの認識を示したとみられる。

 IOCがホームページ上で、延期による財政的影響についての質問に回答した。同時に、「IOCは、割り当て分の費用の責任を負う。IOCには、数億ドル(数百億円)の追加コストになることは既に明らかだ」と説明している。

 1年間の延期による追加経費は、会場の再確保や増加する人件費などで数千億円規模に上るとみられている。

 IOCのジョン・コーツ東京大会調整委員長は16日に行われた記者会見で、「新型コロナウイルスの影響で収入源のイベントができず、国際競技連盟や各国・地域の五輪委員会の財政は厳しい。IOCは彼らを助ける」と述べ、日本側が新たに負う経費の一部をIOCが負担するかどうかは言及していなかった。

無断転載・複製を禁じます
1178084 0 東京オリンピック2020速報 2020/04/21 11:55:00 2020/04/21 11:55:00 2020/04/21 11:55:00

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう