ニュース

東京五輪の追加費用、IOCが700億円負担の意向…バッハ会長「責任を果たす」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は14日、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された東京五輪に、追加で6億5000万ドル(約700億円)を負担することをテレビ会議による理事会で決めたと明らかにした。このほか、1億5000万ドルを国際競技連盟や各国・地域のオリンピック委員会の支援に充てるとし、感染拡大への対策で計8億ドル(約860億円)の支援になると説明している。

 バッハ氏は記者会見で、新型コロナウイルスによる五輪運動への経済的な影響は未確定だとしつつ、「IOC側の責任を果たす」と述べた。五輪開催に向けたワクチンの必要性については、「大会までまだ1年2か月あり、いかなる結論を出すにも早すぎる」と話した。

 IOCと東京大会組織委は、大会延期で生じる数千億円規模の追加費用の負担について協議しており、組織委は開閉会式の簡素化などの経費節減策を検討している。新型コロナウイルスの感染拡大という前例のない事態を受け、組織委はIOC側に応分の負担を求めている。

無断転載・複製を禁じます
1221284 0 東京オリンピック2020速報 2020/05/15 11:07:00 2020/05/15 13:12:44 2020/05/15 13:12:44

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう