ニュース

「必ず金 感動与える」…自転車 梶原・脇本ら五輪内定

  
[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本自転車競技連盟は4日、東京五輪のトラック種目の日本代表に女子オムニアムの梶原悠未(筑波大院)ら6人を内定したと発表した。2~3月の世界選手権で金メダルを獲得し、初の五輪出場を決めた梶原はオンラインで行われた記者会見で「延期で強くなるための時間ができた。必ず金メダルを取って多くの人に感動を与えられるようにしたい」と意気込んだ。

 短距離種目では、今年の世界選手権男子ケイリン銀メダルの脇本雄太(日本競輪選手会)と、昨年の同銀メダルの新田祐大(同)が男子ケイリンとスプリントで内定。脇本は「人生の中で東京五輪に巡り合えるのは恵まれたこと。期待に応えていきたい」と話した。女子ケイリンとスプリントでは小林優香(同)が選ばれた。

 中距離では、男子オムニアムで橋本英也(同)が選ばれ、ペア種目の女子マディソンには梶原と中村妃智きさと(日本写真判定)が選ばれた。

無断転載・複製を禁じます
1260310 1 東京オリンピック2020速報 2020/06/05 05:00:00 2020/06/05 05:00:00 2020/06/05 05:00:00

「自転車」のニュース

オリンピック 新着ニュース