ニュース

ラグビー代表の福岡、東京五輪断念でオンライン会見…「後悔しない人生を生きたい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表WTBとして活躍した福岡堅樹(27)(パナソニック)が14日、オンラインでの記者会見に臨み、7人制で実施される東京五輪への出場を断念すると正式に発表した。

 今夏に予定されていた東京五輪に出場した後、医師を目指す意向を示していた福岡は、出場断念を決断した理由に新型コロナウイルスの影響で五輪が1年延期となったことを挙げ、「後悔しない人生を生きたいという思いが強く、一度決めた(7人制の)引退のタイミングを先延ばししたくなかった。こういう運命なのかと受け入れることができた」と語った。

 2021年の年明けに開幕予定のトップリーグには出場する意向を示し、「ラグビー選手としての引退というわけではない。自分らしい最高のパフォーマンスができるように準備したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1277088 0 東京オリンピック2020速報 2020/06/14 16:50:00 2020/06/14 17:15:10 2020/06/14 17:15:10

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース