ニュース

母国は内戦・日本は感染拡大…奮闘する南スーダン選手団に支援の輪

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県陸上競技選手権大会に出場したルシア選手(手前)(19日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で)
県陸上競技選手権大会に出場したルシア選手(手前)(19日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で)

 東京五輪の開催まで残り1年を切った。新型コロナウイルスの感染拡大で先行きが不透明な中、前橋市で事前合宿を続ける南スーダン選手団への支援の輪が、全国、そして地元へも着実に広がっている。(竹田迅岐)

 南スーダン選手団の5人は、同国が内戦状態ということもあり、昨年11月に来日。パラリンピック100メートルのクティヤン・マイケル選手(29)は、母国の窮状を「1週間に3食しか食べられないことも当たり前だった」と振り返る。

 選手団がひたむきに練習を続ける様子は、テレビや新聞でも広く伝えられた。その様子を見た新潟県燕市でバーを営む石橋勝行さん(46)は「力になろう」と周囲に呼びかけ、金属製洋食器の生産が盛んな同市の洋食器メーカー2社から、抗菌の金属食器5組の提供を受けた。

 今月、前橋市役所で選手に食器を手渡した石橋さんは「コロナの不安もあって大変だと思うが、頑張ってほしい」と激励し、グエム・アブラハム選手(21)は「これは我々への愛情だと思っている」と話した。

 一方、前橋市内の企業などでつくる「南スーダン応援委員会」も昨年11月から、応援Tシャツの販売を始めている。黒地に大きく「SOUTH SUDAN」とプリントされ、アフリカで用いる伝統的な柄があしらわれている。

 同市は昨秋からこのTシャツをふるさと納税の返礼品に採用。1万円の寄付で1着プレゼントされ、これまで約150枚を送っている。選手の滞在費はふるさと納税で賄っており、Tシャツが全国からの寄付の原動力にもなっている。

 選手団は来日後、小学校などを訪れて子供たちと一緒に鬼ごっこや給食で交流を楽しんだり、音楽の授業で琴の演奏を体験したりと、日本文化にも触れてきた。こうした取り組みはコロナの影響で一時は中断したが、7月から再開している。

 王山運動場(総社町)が使えなくなった時は、利根川の河川敷を走り込んで力を蓄えた。そして今月18、19日、4人が市内の大会に参加し、男子1500メートルに出場したアブラハム選手はトップでゴール。他の走者に「一緒に走れて光栄です」「おめでとう」と声をかけられ「アリガトウゴザイマス」と覚えたての日本語で応じた。女子100メートルのモリス・ルシア選手(19)もレース前、一緒に練習した日本人選手に「お互い頑張ろうね」と声を掛け合った。

 アブラハム選手は「いつか前橋の人が南スーダンに来た時は何かしてあげたい」と話す。コロナの猛威の中でも、両者の絆はしっかり深まっている。

平和の大切さ 伝えたい…陸上1500メートル代表 グエム・アブラハム選手 21

インタビューに応じるアブラハムさん(21日、前橋市で)
インタビューに応じるアブラハムさん(21日、前橋市で)

 陸上1500メートル代表のアブラハム選手に、現在の心境や母国に残る家族への思いについて聞いた。

 ――大会が延期。どんな思いで練習を続けているか。

 「1年という時間ができ、その間、練習に打ち込める。筋力トレーニングも加わり、体の変化を実感している。レースにも出て意欲は維持できており、楽しみながら練習に取り組んでいる」

 ――日本に来て心配なことはあるか。

 「それはない。僕には練習に集中する義務があるし、家族もそれを望んでいる。南スーダンは医療体制が整っていないし、(治安など)コロナ以外にも問題は多い。いつ何が起きてもおかしくない。僕は8人きょうだいの一番上だが、父親はすでに亡くなり、母国に残した母親と弟らは支え合って生きている。家族のことは気がかりだ。自分は奨学金を受けてウガンダの学校に行き、そこで陸上競技に励んだ。大会で獲得した賞金は、家族のために10ドルでも20ドルでもすぐに送金した」

 ――練習以外はどのような生活をしているのか。

 「幼稚園や学校を訪問しているが、みんな興味津々で優しく接してくれ、よい時間を過ごせている。宿と練習場の行き来だけだと、日本を知る機会もまったくなかった」

 ――五輪出場に母親は賛成してくれたか。

 「当然、最初は反対された。でも最後は『日本で競技に集中して五輪に出場するのは、スポーツ選手にとってまたとない機会だ』と言って、背中を押してくれた。だから僕は、メダルを取らないといけない。それで、送り出してくれた母親の気持ちに応えたい。SNSが苦手な母親とは、月に3回ほど国際電話で話して、近況を伝え合っている」

 ――五輪の舞台を走ることの意義は。

 「大会で結果を残せたら、南スーダンで注目される。そこで『平和は大切なんだ』というメッセージを発信することで、大きな影響を与えられる。生活するにも、平和がなければ成り立たない。平和というのはどの国にとっても、最も重要なこと。僕はそれを伝えるチャンスを得ることができたんだ」

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1366360 0 東京オリンピック2020速報 2020/07/26 12:24:00 2020/07/26 12:24:00 2020/07/26 12:24:00 県陸上競技選手権大会に参加したルシア選手(手前)(前橋市の正田醤油スタジアム群馬で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200726-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう