ニュース

羽根田ら五輪切符

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 カヌーの東京五輪スラローム競技日本代表最終選考会兼NHK杯国際競技大会最終日は2019年10月20日、東京カヌー・スラロームセンターで男子カナディアンシングル決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪銅メダルの羽根田卓也(ミキハウス)が3位に入り、4大会連続の五輪代表に内定した。

速度アップ実る

練習に励む羽根田選手
練習に励む羽根田選手

 五輪本番と同じコースで表彰台に立った羽根田は「すごくいいステップを踏むことができた」。4度目の五輪切符以上に大きな収穫を喜んだ。

 日本カヌー史上初の五輪メダルを獲得したリオ後の3年間は、「現状維持は後退」という強い決意で、課題のスピード強化に着手。速さが出る分、操作が難しい艇やパドルのセッティングへの順応に苦しみ、成績面では低空飛行が続いた。

 それでも試行錯誤の末、「感覚がはまる時と、はまらない時の違いが分かるようになってきた」。今大会は練習中から水にぬれることを極力避け、わずかな重量の変化によって感覚が狂うリスクを抑えた。準決勝、決勝ともペナルティーなしで好タイムを連発し、自らの進化を改めて確信した。

 「皆さんの期待に応えることが自分の仕事」。次は必ず「銅」よりも輝くメダルを手にする決意だ。(西口大地)

羽根田卓也(はねだ・たくや)
 愛知県出身。愛知・杜若高出。ミキハウス。1メートル75、70キロ。32歳。

巣ごもり中 アスリートが動画で練習法伝授

 新型コロナウイルスの感染拡大で、ほとんどのスポーツ大会や試合が中止または延期となる中、アスリートたちはSNSによる発信に力を入れている。外出もままならない人たちに向け、自宅でできる運動を実演しながら説明したり、プロならではの技を披露したりするほか、選手らがリレー形式で同じ課題に挑戦する「チャレンジ」も盛んだ。(動画視聴にはアカウントが必要な場合があります)

カヌー 羽根田卓也(ミキハウス)

 リオデジャネイロ五輪で銅メダルに輝いた第一人者が「自宅トレーニング」と題して、バスタブに張った水をパドルでかく動画を公開。「(カヌーを)こぐ感覚を忘れないように」と、水上での練習不足を補うアイデアを披露している。

スクラップは会員限定です

使い方
1381277 0 東京オリンピック 2020/04/30 15:00:00 2020/04/30 15:00:00 2020/04/30 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200731-OYT8I50016-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース