ニュース

12月の日本選手権優勝者が五輪標準満たせば代表内定…日本陸連

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本陸連は21日、オンラインで理事会を開き、12月に大阪市で行われる長距離種目の日本選手権(男女1万メートル、5000メートル、3000メートル障害)優勝者が大会終了時点で東京五輪参加標準記録を満たした場合、代表内定を与えると決めた。

 麻場一徳強化委員長は「現状で本番でも十分戦えるパフォーマンスを示した選手に、一定期間を準備に費やして本番で活躍してもらいたい」と説明。優勝者がこの大会後に標準記録を満たしても内定は与えない。

 全選考レースが終了した女子20キロ競歩の五輪代表選考については、最大3枠のうち内定者が2人にとどまるため、来年2月の日本選手権20キロ競歩(神戸)を最終選考会として追加。今年4月の最終選考会が中止となった男子50キロ競歩は、来年4月予定の日本選手権50キロ競歩(石川・輪島)で残り1枠を争う。来年のトラック・フィールド種目の日本選手権を6月下旬に大阪・ヤンマースタジアム長居で開催することも承認された。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
1425707 0 東京オリンピック 2020/08/21 21:06:00 2020/08/21 21:30:31 2020/08/21 21:30:31

「競歩」のニュース

オリンピック 新着ニュース