ニュース

初の世界ランク1位にオリンピック金メダル…日本バド先導した「タカマツ」の軌跡

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 引退を表明していたバドミントン女子ダブルスの高橋礼華(あやか)選手(30)(日本ユニシス)が8月31日夜、自身のツイッターに「本日をもって無事、現役生活を終えました。私に関わってくださった全ての方々に感謝します」などと投稿しました。

 聖ウルスラ学院英智高(仙台市若林区)で1学年下の松友美佐紀選手(28)(日本ユニシス)と組んで誕生した「タカマツ」ペアは、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックで金メダルという大輪の花を咲かせました。引退を正式表明したオンライン記者会見には松友選手も同席、未明の日本列島に歓喜をもたらした思い出の「8月19日」に行われました。4年前の快挙に思いを巡らした方も多かったでしょう。

 改めて、2人が成し遂げてきた偉業の数々を振り返ってみました。

リオデジャネイロ・オリンピックの女子ダブルスで金メダルを獲得し笑顔の高橋礼華選手(左)と松友美佐紀選手(2016年8月18日、ブラジル)
リオデジャネイロ・オリンピックの女子ダブルスで金メダルを獲得し笑顔の高橋礼華選手(左)と松友美佐紀選手(2016年8月18日、ブラジル)

「タカマツ」ペアの歩み

▼2006年8月

 全国中学校バドミントン大会の女子で、徳島中の松友美佐紀主将がシングルスに優勝、団体も徳島中が制した。

▼07年1月

 聖ウルスラ学院英智中・高のバドミントン部の活躍を紹介した読売新聞宮城県版の記事で、「今年活躍が期待される」選手のひとりとして高1の高橋選手が登場。

▼08年

3月 全国高校選抜バドミントン大会で高橋選手と松友選手がダブルスで優勝、松友選手はシングルスで準優勝。聖ウルスラ学院英智高が団体優勝。

8月 高橋選手は3年で主将、松友選手は2年。全国高校総体(インターハイ)でダブルスを制覇、松友選手はシングルスでも優勝を飾った。7月末の団体とあわせた同高の3冠に貢献。

11月 全日本総合選手権で4強に進出。準決勝で同年の北京オリンピック代表の小椋久美子、潮田玲子組(三洋電機)に敗れた。

(以下、所属は日本ユニシス)

▼11年12月 全日本総合選手権で、連覇を狙っていた北京オリンピック4位の末綱聡子、前田美順組(ルネサス)に準決勝で勝つなどして初優勝。

▼12年12月 全日本総合選手権決勝で、同年のロンドン・オリンピックに準優勝し日本バドミントン界にオリンピック初メダルをもたらした藤井瑞希、垣岩令佳組(ルネサス)と対戦。藤井が試合中に負傷棄権したことで2連覇を達成。

▼13年12月 全日本総合選手権で3連覇。

▼14年

5月 女子の国・地域別対抗戦、ユーバー杯(ニューデリー)で全勝して日本の準優勝の原動力に。

6月 ヨネックス・オープン(当時)の決勝で、垣岩令佳、前田美順組(ルネサス)をストレートで下して初優勝。

ヨネックス・オープンを初制覇(2014年6月15日、東京体育館)
ヨネックス・オープンを初制覇(2014年6月15日、東京体育館)

10月 世界ランキングで女子ダブルス1位に。日本協会によると、日本選手が世界ランク1位になるのは、男女のシングルスとダブルス、混合ダブルスの全種目を通じて初めて。

12月 スーパーシリーズの年間成績トップ8が争うファイナル(アラブ首長国連邦・ドバイ)の決勝で、ロンドン・オリンピックで金メダルを獲得した中国ペアに2―0で快勝し、日本勢初のファイナル優勝を果たした。

スーパーシリーズ・ファイナルの女子ダブルスで優勝を飾り、帰国した成田空港で喜びの記者会見(2014年12月22日)
スーパーシリーズ・ファイナルの女子ダブルスで優勝を飾り、帰国した成田空港で喜びの記者会見(2014年12月22日)

▼16年

3月 全英オープンで中国ペアを2―0で退け、初優勝を果たした。この大会で日本勢が女子ダブルスを制覇したのは1978年の徳田敦子、高田幹子組以来、38年ぶり。

8月 オリンピック初出場となったリオデジャネイロ大会で決勝に進出、デンマークペア相手に18―21、21―9、21―19で逆転勝ちし、バドミントン日本勢初の金メダルを獲得した。試合は第1ゲームを競り合いの末に落としたが、第2ゲームで圧倒。一進一退の展開になった第3ゲームは、16―19の劣勢から驚異的な粘りで5点を連取し優勝した。

リオデジャネイロ大会で金メダルを決め、ガッツポーズ(2016年8月18日、ブラジル)
リオデジャネイロ大会で金メダルを決め、ガッツポーズ(2016年8月18日、ブラジル)

聖ウルスラ学院英智高で未明に行われたパブリックビューイング(2016年8月19日、仙台市)
聖ウルスラ学院英智高で未明に行われたパブリックビューイング(2016年8月19日、仙台市)

9月 高橋選手の出身地・奈良県橿原市の橿原神宮などで凱旋(がいせん)パレード。

沿道からの声援に手を振って応える高橋選手(手前)と松友選手(2016年9月10日、奈良県橿原市)
沿道からの声援に手を振って応える高橋選手(手前)と松友選手(2016年9月10日、奈良県橿原市)

 下旬には松友選手の出身地・徳島県藍住町でもパレードが行われた。

10月

・仙台市に凱旋。市から「賛辞の(たて)」、宮城県から「県民栄誉賞」が贈られ、聖ウルスラ学院英智高では祝賀会などが開かれた。

仙台市役所で金メダル獲得の報告をする「タカマツ」ペア(2016年10月5日)
仙台市役所で金メダル獲得の報告をする「タカマツ」ペア(2016年10月5日)

・リオ大会のオリンピック・パラリンピックのメダリストが一堂に会して東京都心で行われたパレードに参加。

12月 

・全日本総合選手権で2年連続5度目の優勝を果たす。

・世界バドミントン連盟が高橋、松友組を2016年の女子最優秀選手賞に選出。オリンピック「金」のほか、3月の全英オープンを含むスーパーシリーズで4勝を挙げた。

▼17年8月 世界選手権(英・グラスゴー)の準決勝で中国ペアにストレートで敗れ、銅メダル。

▼18年

5月 ダブルスの一角として国・地域別対抗戦、女子ユーバー杯(バンコク)を戦い、日本の37年ぶり6度目の優勝に貢献。高橋選手は主将を務めた。

12月 ワールドツアー・ファイナル(中国・広州)の決勝で韓国ペアをストレートで下して優勝した。スーパーシリーズ・ファイナルとして行われた2014年以来の優勝。

▼20年8月 高橋選手がオンライン記者会見で現役引退を表明、「悔いなくやりきった」と涙ながらに語った。同席した松友選手も「先輩がパートナーで幸せだった」。

関係者からねぎらいの声

 高橋選手の現役引退を巡り、古里や恩師からは長年の活躍をねぎらう声が聞かれた。

「奈良県民の誇り」

(8月20日付の読売新聞奈良県版から)

 出身地の奈良県橿原市では、市バドミントン協会が主導して小学生を育成しており、高橋選手もその一人だった。協会の横田利弘会長は「突然の引退に非常に驚いた。リオ五輪を観戦し、ご両親らと金メダルの喜びを分かち合ったのが、最近のことのように思い起こされる」と懐かしんだ。

 高橋選手が所属した橿原ジュニアバドミントンクラブ総監督の松村宏則さんは「東京五輪を目指してほしかったので残念だが、本人の決めたことなので仕方がない。まだまだやれると思っていた。ご苦労さまとしか言いようがない」と惜しんだ。

 高橋選手は金メダル獲得後、橿原市民栄誉賞と県民栄誉賞を受賞した。亀田忠彦市長は「『お疲れさまでした』とねぎらいの言葉をお贈りしたい。今後はこれまでの経験を生かして、新たなステージでのご活躍を心から期待しています」と慰労。荒井知事は「大変さみしい思いだが、数多くの偉業を達成され、県民の誇りであり、多くの勇気と感動を与えていただいた」とのコメントを出した。

引退報告受け恩師は…

(8月20日付の同宮城県版から)

 聖ウルスラ学院英智高で指導した、バドミントン部総監督の田所光男さんも取材に応じた。

 高橋選手は1年後輩の松友選手とダブルスを組み、「タカマツ」ペアが誕生。負けん気が強い高橋選手と、沈着冷静な松友選手は相性が良かったという。

 田所さんは、高橋選手が高校3年だった時の全国高校総体(インターハイ)で、けがをしながらもダブルスで優勝した姿を今も鮮明に覚えている。リオ大会決勝でも2人は劣勢をはね返し優勝。「高校時代から変わらず、自分たちで考えながら戦いきった」と振り返った。

 17日夜、高橋選手から田所さんに電話があり、8月いっぱいで引退すると報告を受けたという。

 「国民に勇気と感動を与え、子どもたちにもバドミントンをやってみたいと思わせてくれた功績は大きいよ」と声を掛けたという田所さんは、「かれこれ12年以上、誇らしく良いペアだった」とこれまでの活躍をたたえた。

無断転載・複製を禁じます
1432542 0 東京オリンピック2020速報 2020/08/25 17:50:00 2020/09/01 20:47:56 2020/09/01 20:47:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200825-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「バドミントン」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう