ニュース

室伏スポーツ庁長官「十分にエネルギーため、ひねりを加えて社会に貢献したい」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見で抱負を語る室伏長官
記者会見で抱負を語る室伏長官

 スポーツ庁の室伏広治長官が2日、就任後初めての記者会見に臨んだ。意気込みを、自ら取り組んできた陸上競技のハンマー投げにたとえ、「遠くへ投てきするには十分にエネルギーをためることが必要。職員と十分に施策を練って、ひねりを加えて、社会に貢献していきたい」と語った。

 来年の東京五輪・パラリンピックに向けては「コロナ禍で十分なトレーニングができない選手もいる。安心して競技ができるようにサポートしたい」と話した。この日は同庁職員への訓示も行い、「感動するスポーツ界を目指すことを信条としたい」と語りかけた。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1518343 0 東京オリンピック2020速報 2020/10/02 23:41:00 2020/10/02 23:41:00 2020/10/02 23:41:00 記者会見で抱負を語る室伏長官 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201002-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース