ニュース

未明の札幌で五輪マラソンコース計測…世界陸連の責任者ら、自転車で

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

コースを計測する世界陸連の計測責任者ら(10日午前2時頃)=代表撮影(札幌市中央区の大通公園周辺で)
コースを計測する世界陸連の計測責任者ら(10日午前2時頃)=代表撮影(札幌市中央区の大通公園周辺で)

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は10日未明、札幌市内で五輪のマラソンコースを計測した。11月下旬にもコースを正式決定する。

 計測は、交通量が少ない午前0時半に始まった。来日した世界陸連の計測責任者ら4人が、計測機器を取り付けた自転車に乗ってスタート地点の大通公園を出発。明け方近くまでかけて、コースが実際に42・195キロあるかどうか確認した。

 計測終了後に記者会見した組織委の森泰夫・大会運営局次長は「コースが固まれば、給水ポイントなども決まり、準備が加速していく。一つの大きな前進といえる」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
1537832 0 東京オリンピック 2020/10/10 19:09:00 2020/10/10 20:15:04 2020/10/10 20:15:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201010-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「大会運営」のニュース

オリンピック 新着ニュース