ニュース

ナイキ歴代シューズ、6エリア彩る…東京・豊洲にスポーツ施設

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

報道機関向けの内覧会が開かれた「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART」(13日午前、東京都江東区で、読売ヘリから)=守谷遼平撮影
報道機関向けの内覧会が開かれた「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART」(13日午前、東京都江東区で、読売ヘリから)=守谷遼平撮影

 年齢や障害の有無を問わずに楽しめる無料のスポーツパーク「トーキョー・スポーツ・プレイグラウンド」が東京・豊洲にオープンし、13日、報道機関向けの内覧会が開かれた。

 来夏の東京五輪・パラリンピックに合わせて、スポーツ用品大手「ナイキジャパン」と三井不動産レジデンシャルが共同で設置した。総面積約7000平方メートルで、六つのエリアには1周約280メートルのランニングトラックやバスケットボールコートなどが整備された。車いすの人も利用しやすいようシャワー室やトイレの段差をなくした。各エリアの色合いはナイキの歴代シューズをモチーフにしているという。

 施設は来年9月20日までの期間限定。ナイキのアプリで事前登録したうえで無料で利用できる。

無断転載・複製を禁じます
1543918 0 東京オリンピック2020速報 2020/10/13 14:11:00 2020/10/13 15:45:24 2020/10/13 15:45:24 スポーツを楽しめる公園をテーマに、オープンした「トーキョー スポーツ プレイグラウンド」(13日午前10時5分、東京都江東区で、本社ヘリから)=守谷遼平撮影★★動画素材あり★★ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201013-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「バスケットボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース