オリンピック・パラリンピック

オリンピック・パラリンピックのチケット払い戻しの詳細

無断転載・複製を禁じます

 2021年夏に延期された東京オリンピック・パラリンピック大会のチケットで、払い戻しを希望する人への受け付けが11月10日から始まる。チケットはこれまでに、公式販売サイトを通じて五輪が約448万枚、パラは約97万枚を販売した。払い戻し申請の手続きは、原則として公式サイトの「マイチケット」のみでの受け付けとなる。払い戻しの概要について、要点をまとめた。(読売新聞オンライン)

 発行手続きや紙チケットの配送にかかる手数料を含めた代金が払い戻される。チケット購入時の支払い方法により返金方法は異なる。払い戻し申請後、五輪は12月下旬以降、パラリンピックは来年1月中旬以降、クレジットカードの発行会社などを通じて返金される。払い戻しは原則として1枚単位で可能だが、「みんなで応援チケット」などはグループ単位での払い戻しとなる。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で客席数が削減されれば、チケット所有者でも観戦できなくなる可能性がある。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は「コロナの影響で観戦できなくなった場合は、別途払い戻しをする」としている。また、払い戻されたチケットについては、今後の再販売を検討する。

 オリンピックのチケット公式サイトはこちら
 パラリンピックのチケット公式サイトはこちら
 ※チケットカスタマーセンター 0570・00・2020(9時~18時、土日祝日と年末年始を除く)

オリンピック・パラリンピック
ページTOP