ニュース

丸山と阿部、どっちが強い…午後に五輪代表決定戦

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の柔道日本代表のうち、最後の1枠をかけた戦いがきょう13日午後、行われる。過去3度の世界選手権男子66キロ級の優勝を分け合っている丸山城志郎(27)(ミキハウス)と阿部一二三(23)(パーク24)による内定選手決定戦だ。一発勝負による「五輪代表決定戦」は日本柔道史上初。この世紀の一戦に臨む両者は、いったいどちらが強いのか、徹底比較する。(読売新聞オンライン)

▼世界ランキング

丸山城四郎(昨年8月のの世界選手権で)
丸山城四郎(昨年8月のの世界選手権で)

 丸山=2位、阿部=3位

 最近の主要大会の成績をポイント化したもの。昨年の世界選手権で優勝した丸山が上回っている。ちなみに1位は22歳のマヌエル・ロンバルド(イタリア)。昨年の世界選手権は3位決定戦で阿部に敗れ5位だったが、グランドスラムよりもポイントの大きいワールドマスターズを制すなどして丸山を上回っている。

▼体重別日本一

 丸山=4度、阿部=3度

 体重別で争う講道館杯と全日本選抜の優勝回数でも、丸山が一歩リードしている。昨年の全日本選抜では、決勝で丸山が13分を超える激闘の末に技ありを奪い、連覇を果たした。

▼世界選手権優勝回数

 阿部=2度、丸山1度

▼グランドスラム優勝回数

阿部一二三(2017年8月の世界選手権ブダペスト大会で)=杉本昌大撮影
阿部一二三(2017年8月の世界選手権ブダペスト大会で)=杉本昌大撮影

 阿部=10度、丸山=4度

 一方、国際大会での実績をトータルで見ると、阿部に分がある。2016年のリオデジャネイロ五輪の出場は逃した阿部だが翌年に20歳で世界選手権に初出場すると決勝で一本を奪い初制覇。翌年も果敢に攻めて連覇した。昨年は、阿部を準決勝で破った丸山が決勝も勝って初優勝した。

 阿部はグランドスラムでは17歳で出場した14年の東京大会で初優勝。昨年11月の大阪大会、今年2月のデュッセルドルフ大会などを制している。

▼直接対決

 丸山の4勝3敗

 両者の直接対決は、昨年の全日本選抜が象徴するように死闘となることが多い。

 過去7戦のうち、ここ6戦はすべて延長にもつれ込んだ。直近の対決は昨年11月のグランドスラム大阪。負ければ五輪への道が絶たれる可能性が高かった阿部が意地を見せて代表選考レースで追い上げた。他の13階級の代表が今年2月までに内定する中で唯一、持ち越しに。それだけ両者が甲乙付けがたい実力を持っているということだ。

 どちらが強いのか。その答えがまもなく出る。注目の大一番だ。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1697609 0 東京オリンピック2020速報 2020/12/13 09:04:00 2020/12/13 11:13:54 2020/12/13 11:13:54 柔道・世界選手権東京大会。男子66キロ級で優勝し、ガッツポーズをする丸山城志郎。日本武道館で。2019年8月26日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201213-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース

ピックアップ

アクセスランキング

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう