ニュース

阿部一二三、テレビ局の想定超える24分の死闘制す…試合途中で放送終了

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 都内で13日に行われた東京五輪の柔道男子66キロ級代表内定選手決定戦は、24分に達する異例のマラソンマッチとなった。一昨年まで世界選手権を連覇した阿部一二三(パーク24)が昨年の世界王者、丸山城志郎(ミキハウス)を最後には破ったが、両者一歩も引かない死闘だった。

丸山城志郎(左)と組み合う阿部一二三(13日)=代表撮影
丸山城志郎(左)と組み合う阿部一二三(13日)=代表撮影

 これは、生中継したテレビ東京の想定を超えた。放送枠は午後4時から5時15分。試合開始から20分ほどで放送終了時刻となり、同局はインターネットでのライブ配信を案内せざるを得なかった。

 両者が昨年4月、全日本体重別選手権決勝で戦った際の試合時間は13分ほど。それでも異例の長さで、読売新聞も「激闘」としていたが、今回はそれを10分以上、上回った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1698029 0 東京オリンピック2020速報 2020/12/13 18:51:00 2020/12/13 20:20:51 2020/12/13 20:20:51  対戦する丸山城志郎(左)と阿部一二三=13日午後、東京・講道館(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201213-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース

ピックアップ

アクセスランキング

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう