ニュース

ロシア選手団、東京五輪や22年冬季五輪・サッカーW杯に参加禁止…個人資格の道は残る

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は17日、ドーピング検査のデータを組織的に改ざんしたロシアをスポーツの主要大会から4年間除外する世界反ドーピング機関(WADA)の決定に対し、処分期間を2年間に短縮する裁定を下した。ロシアは東京五輪・パラリンピックへの選手団の参加を禁じられたが、不正に関わっていないと証明できた選手は、個人資格で参加する道が残されている。

 処分期間は同日から2022年12月16日まで。22年の北京冬季五輪・パラリンピックやサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会への参加も禁じられる。

 検査データの大規模な改ざんは、WADAが組織的ドーピングの全容解明に向け、19年1月にモスクワの検査所から回収したものから見つかった。WADAは昨年12月の臨時常任理事会で、ロシアの主要大会への参加を4年間禁じるなどの処分を決定。CASはロシア反ドーピング機関(RUSADA)の不正を認めたが、処分期間は短縮した。

 WADAはRUSADAの不服申し立てを受け、CASに処分の当否について判断を求めていた。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1708692 0 東京オリンピック2020速報 2020/12/18 00:41:00 2020/12/18 07:03:30 2020/12/18 07:03:30

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース

ピックアップ

アクセスランキング

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう