ニュース

[明日を築く]<1>再起力…前へ 泳ぐ 走る

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 コロナ禍の中で迎えた2021年。期待より不安が先立つ年明けだ。私たちは多くの困難に立ち向かわなくてはならない。東京五輪・パラリンピックの開催、医療の充実、経済再生、暮らしと絆の回復――。「再起」「開発」「変革」「分散」「連帯」という五つの力をキーワードに、明日の日本を築く姿を追ってみたい。(文中敬称略)

昨年12月の日本選手権で2冠の萩野公介
昨年12月の日本選手権で2冠の萩野公介

 倒れてもまた起き上がり、高みを目指す。それがアスリートだ。

 「再起」という言葉が今、最も似合う男かもしれない。競泳の萩野公介(26)(ブリヂストン)。昨年12月の日本選手権で見事に復活した。

 覚悟はあるのか――萩野は自分に問い続けている。

 16年のリオデジャネイロ五輪で、400メートル個人メドレーの優勝を始め、三つのメダルを獲得した後、極度の不振に陥った。東京五輪に向けて高まる周囲からの、そして自分自身の期待。「それが足かせになり、重荷になっていた」

 18年1月、心身ともに疲れ果てて入院。「強くなりたい」と念じていた時、ベッドで新田次郎の「八甲田山死の彷徨(ほうこう)」を手にした。

 雪中訓練で起きた遭難事故の史実に基づく小説。主人公の大尉が上官の無謀な行軍命令に(あらが)えず多くの命を失う悲話だ。是非はともかく、「覚悟」を決めて進む姿勢には心を動かされた。「彼は苦しい選択を迫られながらも先を目指した。自分はどうなんだ」

 しかし一度狂った歯車は容易には戻せない。19年春からは3か月も休養。さらに1年近くもがく中で、東京五輪の延期が決まった。

 時が与えられ、心に変化が生じる。五輪があったはずの夏が過ぎ、覚悟が固まった。「一歩ずつでも前に進もう」

 2年ぶりの出場となった年末の日本選手権。200メートルと400メートルの個人メドレー2冠に輝いた。「何があっても時は進み、明日はまた来る」

4度目のパラリンピック出場を目指す谷真海さん
4度目のパラリンピック出場を目指す谷真海さん

 パラリンピアンも「再起力」のスイッチを入れた。

 陸上からトライアスロンに転向した谷(旧姓・佐藤)真海(まみ)(38)(サントリーホールディングス)。大会延期の決定に気持ちが折れかけた。競技が変わり、練習をこなすだけでも厳しい。早朝、練習に行こうとすると長男の海杜(かいと)(5)が「行かないで」と泣いた。体も心も悲鳴を上げていた。

 20歳の時、骨肉腫により右足膝下を切断したが、04年アテネ大会から3大会連続でパラリンピックに出場。13年、2020大会の開催地を決める場で不屈の体験を語り、東日本大震災からの復興を示す東京開催を訴えた。聴衆の拍手を呼び、招致は実現した。

 その東京大会が延期に。競技を続けるべきか――谷は悩みに悩んだが、海杜の存在と夫の昭輝(40)の支えが再起を促した。

 「家族でパラリンピックを目指してきた。みんなでゴールを迎えたい」

残り:7007文字/全文:8379文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
1743749 0 東京オリンピック 2021/01/03 05:00:00 2021/01/03 22:40:16 2021/01/03 22:40:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210102-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース