ニュース

五輪開催、バッハ会長「逆境に立ち向かう人間性と世界の結束というメッセージを送るだろう」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、読売新聞の単独電話インタビューに応じた。新型コロナウイルスの感染拡大のため今年7月に延期された東京五輪について、「開催は、逆境に立ち向かう人間性と世界の結束というメッセージを送るだろう」と述べ、その意義を強調した。

 バッハ会長は、コロナ禍の収束が見えない中で、日本国内に開催への懸念があることに理解を示した上で、各国で今も様々な競技会が開催されており、ワクチン接種や検査技術の開発も進んでいることに言及。安全に五輪を開催するという原点回帰を目指す意向を表明し、「困難な闘いの末に手にした勝利は、与えられた勝利よりもはるかにうれしいものだ」と語った。代表選考や練習などで困難に直面する選手たちについては、「参加すること自体の喜びが、何にも代えがたい体験になる」と述べた。

 また、日本が大会開催への過程で示す意志と連帯が、「コロナ禍と向き合う世界の範」となるとの考えを示し、「人々がその価値を信じ、ともに努力を続ければ、長いトンネルの先に希望の光をともすことができる」と語った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1749867 0 東京オリンピック2020速報 2021/01/05 22:33:00 2021/01/05 22:49:45 2021/01/05 22:49:45 トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長。6月にスイスで開かれたIOC総会後、記者会見するバッハ氏。2019年6月26日撮影。バッハIOC会長は、2020年東京五輪開幕1年前に合わせた7月24日の来日に先立ち、電話でインタビューに答え、東京大会を成功に導くための要件と、自ら改革を進める五輪の未来について語った。2019年7月24日朝刊「五輪まで1年 「魔法」の瞬間 人々の手で トーマス・バッハ氏」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210105-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース