ニュース

【独自】日本代表は「TEAM JAPAN」…大会規模問わず、呼び方統一

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本オリンピック委員会(JOC)が今年、自主財源の確保や国内競技団体(NF)の結束力強化を目指す「TEAM JAPAN(チームジャパン)」プロジェクトを始動させることが、複数の関係者への取材でわかった。大会の規模を問わず日本代表の呼称を「TEAM JAPAN」に統一するよう働きかけ、共通ロゴマークを作成して収益増加、日本代表の地位向上につなげる考えだ。

 今年7月開幕の東京五輪については大会組織委員会と合同でスポンサー活動を進めてきたため、独自に展開する新プロジェクトの対象は、北京冬季五輪が開かれる2022年から24年までの3年間。今年はスポンサーへの打診、NFとの調整などを推進する。

 スポンサーには新たに作る共通ロゴ、既存のJOCエンブレム、「シンボルアスリート」事業で保有する選手肖像権の利用などを認める方針で、関連商品の開発・販売も検討中だ。NFの資金力増強にも配慮し、希望する場合はNF主催大会にJOCスポンサーの広告を掲出し、収益を分配する案も上がっている。

 また、スポンサーが求める日本代表のブランド価値を想定し、五輪など総合大会の選手団や各NFで組織する代表チームを「世界で戦うエリート集団」と定義した。「日の丸」に負けないくらい広く認識されるようNFに対しても「TEAM JAPAN」の呼称、共通ロゴの使用を呼び掛ける。トップ選手が名を連ねる「シンボルアスリート」は、社会的な模範としての魅力を強調できるよう、競技力以上に「人間力」の選考基準を重視する方向で議論を深める。

 日本のスポーツ界は新型コロナウイルスの影響で大会の入場料収入、選手登録料収入などが激減し、各NFから東京五輪・パラリンピック後の組織運営を憂慮する声が上がっていた。

無断転載・複製を禁じます
1777037 0 東京オリンピック2020速報 2021/01/18 05:00:00 2021/01/18 07:00:18 2021/01/18 07:00:18
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

ピックアップ

アクセスランキング

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう