ニュース

聖火リレー「走者と観客の距離は?」指針なく焦る自治体…公道中止案も浮上

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーは、3月25日のスタートまで2か月を切った。緊急事態宣言の再発令で、大会組織委員会は、今後の感染状況次第で、公道走行を中止する案を検討する。全国の自治体も、観客の集まる著名人のコースやイベントの内容変更など、にぎわいと感染防止の両立に頭を悩ませている。

看板作り直し

女優の石原さとみさんが走った聖火リレーのリハーサルには、大勢の観客が詰めかけた(昨年2月、東京都羽村市で)
女優の石原さとみさんが走った聖火リレーのリハーサルには、大勢の観客が詰めかけた(昨年2月、東京都羽村市で)

 「東日本大震災からの復興をアピールするため、今年は無事に始まってほしい」。リレーの起点となる福島県のオリンピック・パラリンピック推進室、庄司康正さん(47)の思いは切実だ。

 昨年3月、リレー開始の2日前に五輪の延期が決定。交通規制の看板約400枚、全世帯に配ったチラシ約70万枚など、支出した約2億5000万円の多くが無駄になった。今年は日程が1日前倒しされたため、看板などを作り直す必要がある。

 組織委は先月20日、緊急事態宣言や外出自粛要請が出ている場合、走者の公道走行を見合わせる案を提示したが、昨年中にまとめるはずだった具体的な感染対策は決まっていない。

 庄司さんは「走者と観客の距離をどの程度空けるかなど、細かな指針がまだないので焦る」と漏らす。

 大会を盛り上げるため、タレントやモデルなどの著名人も走る予定。沿道に見物客が殺到する可能性があるため、県は、観客数が制限しやすい競技場などへの変更を考えている。

残り:1091文字/全文:1798文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
1813582 0 東京オリンピック 2021/02/01 22:52:00 2021/02/02 05:10:14 2021/02/02 05:10:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210201-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース