ニュース

「必ずやり抜く」森喜朗会長が決意…二階氏「観客いるのが良いに決まっている」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は2日、自民党本部で開かれた党スポーツ立国調査会などの合同会議に出席し、「新型コロナウイルスがどうであろうと、必ずやり抜く」と述べ、大会開催に向けた決意を示した。

自民党の会合であいさつする組織委の森会長(中央)(2日午後、党本部で)=横山就平撮影
自民党の会合であいさつする組織委の森会長(中央)(2日午後、党本部で)=横山就平撮影

 森氏は「(五輪を)やるかやらないかと議論するのでなく、どうやってやるのか。新しい五輪を考えよう」とも呼びかけた。会議では組織委と政府が大会の準備状況やコロナ対策を説明した。3月25日に始まる聖火リレーについて、感染防止策を万全にした上で、日程を短縮せずに実施する予定だとの報告があったという。

 同党の二階幹事長は2日の記者会見で、五輪での観客の受け入れについて「選手にとっては観客がいるのが良いに決まっている。観客が参加する形で成功裏に開催できることを希望し、期待する」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1815823 0 東京オリンピック2020速報 2021/02/02 20:54:00 2021/02/02 21:46:13 2021/02/02 21:46:13 自民党のスポーツ立国調査会・2020オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部合同会議役員会であいさつする森元首相(中央)(2日午後4時18分、自民党本部で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210202-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある