ニュース

五輪への大きな逆風、森会長発言に国内外から批判…女性アスリートは「残念」「怒りもあります」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が、4日に開いた記者会見で、女性に対する不適切な発言をわびた。辞任は否定したが、批判が相次ぎ、開幕まで半年を切った東京大会への影響を懸念する声も上がっている。

 「不愉快な思いをされた皆様におわびしたい」。森会長は東京都内での記者会見で、手元のメモに視線を落としながら謝罪。日本オリンピック委員会(JOC)の会合での「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などとする発言を撤回した。

 発言内容については「競技団体から聞いた話」と説明したが、団体名は答えなかった。記者から「五輪精神に反する発言をした人が組織委の会長として適任か」と問われると、「あなたはどう思いますか」と逆に質問する一幕もあった。

 海外メディアも関心が高く、次々に記者会見の様子を伝えた。ロイター通信は、電子版で会見の一問一答の抜粋を掲載し、「森会長は1度延期された五輪を、複雑なものにしている」と指摘した。

 東京都の小池百合子知事(68)は4日夜、報道陣に対し、「内外から厳しい声が届いている。重要な時期で、この発言に困惑する。五輪ではなく、別のニュースを世界中に提供してしまった」と述べた。

 五輪に向け、選手の受け入れ準備を進める政府関係者も「新型コロナウイルスの感染が収まらず、大会開催に否定的な声もある中での失言は痛い。五輪への大きな逆風だ」と漏らす。

 東京大会を目指すアスリートからも声が上がった。都内での大会に出場したロンドン五輪女子200メートル平泳ぎ銀メダリストの鈴木聡美選手(30)は「一言で言うと、残念。怒りもあります」と話した。

 明治大の高峰修教授(スポーツ社会学、ジェンダー論)は「女性は競争意識が強い、話が長いという発言には科学的な根拠がなく、あきれている」と語り、森会長が発言した際、出席者から異論が出なかったことについても問題視した。

無断転載・複製を禁じます
1821610 0 東京オリンピック2020速報 2021/02/05 05:00:00 2021/02/05 09:27:58 2021/02/05 09:27:58
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある