ニュース

森喜朗会長が辞意、後任に川淵三郎氏の名も…五輪組織委

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が11日、辞任する意向を固め、周辺に伝えた。12日に組織委が開く緊急会合で表明する見通しだ。女性に対する不適切な発言に対する批判が国内外で収まらず、続投すれば大会の円滑な開催に支障を及ぼしかねないと判断した。後任には、組織委の評議員を務める川淵三郎・日本サッカー協会相談役らの名前が挙がっている。

 組織委は12日、森氏の発言に関し、「評議員会・理事会合同懇談会」を開く。組織委としては、森氏が改めて謝罪し、問題の収束を図る場としたい考えだった。関係者によると、発言への批判が広がるばかりの状況を踏まえ、森氏が退く決断をした。

 森氏は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、女性理事を増やしていく目標に関し、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」「女性は競争意識が強い。1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うのだろう」などと話した。女性差別と受け取られかねない発言に波紋が広がった。

辞任の意向を固めた東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(4日)
辞任の意向を固めた東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(4日)

 森氏は4日に記者会見を開き、「(男女平等を掲げた)五輪・パラリンピックの精神に反する不適切な表現だった。深く反省している」と謝罪し、発言を撤回した。その上で「辞任する考えはない」と述べ、会長職にとどまる意向を示していた。

 国際オリンピック委員会(IOC)は、森氏の謝罪直後は「問題は終結」との立場を示したが、9日になると「絶対的に不適切な発言」との声明を出した。スポンサーからも発言を問題視する声が相次ぎ、政府・与党内でも、続投は困難との見方が広がっていた。

スクラップは会員限定です

使い方
1835788 0 東京オリンピック 2021/02/11 12:52:00 2021/02/11 16:46:45 2021/02/11 16:46:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210211-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース