ニュース

五輪ボクシング、6月予定の世界最終予選は中止…日本勢の出場は厳しい状況に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪のボクシング世界最終予選が新型コロナウイルスの影響で中止される見通しであることが16日、分かった。日本は男子フェザー級の堤駿斗(東洋大)ら5人が最終予選に向けて調整していたが、五輪出場の可能性は厳しくなった。

 関係者によると、国際オリンピック委員会(IOC)の特別作業部会が15日のオンライン会議で日本ボクシング連盟などに中止の方針を伝えた。延期・中断されているアメリカ大陸予選を5月、欧州大陸予選を6月に実施する一方、6月に予定されていた世界最終予選は日程的な問題などから開催が困難な状況という。

 世界最終予選で獲得できる予定だった出場枠は、特別作業部会による各階級のランキング上位者に配分される見通しだが、最終予選に出場予定だった日本勢はいずれも上位におらず、出場枠が得られる可能性は低いという。日本連盟関係者は「日本の事情だけで言っても仕方がないが、非常に厳しい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1847158 0 東京オリンピック2020速報 2021/02/16 21:27:00 2021/02/16 21:27:00 2021/02/16 21:27:00

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある