ニュース

橋本聖子・組織委新会長「女性理事の比率40%にする」…就任会見での一問一答

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長に就任した橋本聖子氏(56)は記者会見で、5か月あまりに迫った本番に向け、「大変重要な局面だ。すべての関係団体と緊密に連携しながら大会の開催に尽力したい」と抱負を語った。主な一問一答は次の通り。

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の新会長に就任し、記者会見する橋本氏(18日午後、東京都中央区で)=代表撮影
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の新会長に就任し、記者会見する橋本氏(18日午後、東京都中央区で)=代表撮影

 ――就任を決めたのはいつで、きっかけは。

 「(五輪相から)立場が変わっても開催に向け前に進めるためには、私自身が引き受けることが必要、重要だと思い、決断した」

 ――組織委の中でジェンダーをどう反映させるか。

 「今月内に新たな方向性を提示したい。組織委で女性理事の比率を40%にする。多様性と調和を打ち出し、『タスクフォース(作業部会)』を立ち上げるなどして、IOC(国際オリンピック委員会)やIPC(国際パラリンピック委員会)にも提言したい」

 ――辞任した森前会長は政治の師だが。

 「発言の撤回と謝罪があり熟慮の末に辞任された。スポーツ界に尽力いただいた。アドバイスを頂かなければいけない局面がある」

 ――スポーツと政治の関係でどう距離をとるか。

 「議員は辞職せずとも会長になることはIOCも国も認めている。あとは疑念を持たれないような行動をとっていくべきだと思う」

 ――緊急登板となったが、心がけたいことは。

 「何としてもコロナ対策。国や東京都と連携して収束に向けた対応をしなければならない。競技団体、自治体を含めて『オールジャパン』体制でワンチームとなって、大会開催と成功に尽力していかなければ」

 ――世論調査では中止や延期を望む意見もある。

 「コロナ対策と同時に自然災害、東日本大震災からの復興、食の問題、高齢者の問題、共生社会すべてのことについて世界は問題に直面している。大会を通じて何をすべきか明確に打ち出さない限り、国民に理解をしていただけないと思う」

無断転載・複製を禁じます
1852790 0 東京オリンピック2020速報 2021/02/18 21:18:00 2021/02/18 22:43:00 2021/02/18 22:43:00  東京五輪・パラリンピック組織委の新会長に就任し、記者会見する橋本聖子氏=18日午後6時12分、東京都中央区(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210218-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「IOC」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある