ニュース

五輪内定の山西利和「勝つことを優先」、大会新で2連覇…競歩日本選手権

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日本陸上競技選手権男子20キロ競歩で優勝した山西利和(中央)。右は準優勝の高橋英輝、左は3位の池田向希(21日、神戸市東灘区で)=東直哉撮影
日本陸上競技選手権男子20キロ競歩で優勝した山西利和(中央)。右は準優勝の高橋英輝、左は3位の池田向希(21日、神戸市東灘区で)=東直哉撮影

 陸上の日本選手権20キロ競歩が21日、神戸市の六甲アイランド甲南大周辺コースで行われ、男子では2019年世界選手権金メダリストで、東京五輪代表に内定している山西利和(愛知製鋼)が1時間17分20秒の大会新で2連覇を飾った。同じく代表内定組の高橋英輝(富士通)が2位、池田向希(東洋大)が3位で続いた。

日本陸上競技選手権男子20キロ競歩で優勝した山西利和(21日、神戸市東灘区で)=東直哉撮影
日本陸上競技選手権男子20キロ競歩で優勝した山西利和(21日、神戸市東灘区で)=東直哉撮影

 山西は16キロ付近で高橋、池田を振り切っての完勝。「勝負のレース。勝つことを優先した。まだまだ力をつけて(東京五輪で)金メダルを取れるように頑張りたい」と語った。(記録は速報値)

スクラップは会員限定です

使い方
1857866 0 東京オリンピック 2021/02/21 10:28:00 2021/02/21 11:33:32 2021/02/21 11:33:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210221-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース