ニュース

五木ひろしさん、聖火ランナー辞退…「スケジュールの都合」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレー開始まであと1か月となったことを受け、福井県は25日、県内区間を走る聖火ランナーやルートについて発表した。昨年の実施に向けて決めていた内容とおおむね同じだが、「PRランナー」を務める予定だった歌手五木ひろしさん(72)が「スケジュールの都合」として辞退。代わりに若狭町出身で、北京五輪で男子バレーボールの主将を務めた荻野正二さん(51)が選ばれた。

五木ひろしさん
五木ひろしさん
荻野正二さん
荻野正二さん

 県によると、県内の聖火リレーは5月29、30両日に開催。昨年の実施に向けて決めていたランナー43人と1団体に意思確認などを進めた結果、五木さん以外は、引き続きランナーを務めることとなった。新たに選ばれた荻野さんは「名誉ある聖火ランナーを務めることができてうれしい。世界の人々に福井県をアピールしていきたい」などとするコメントを寄せた。

 高浜町の若狭高浜海釣り公園を出発し、県内17市町を通って、福井市の市中央公園へと向かうルートに変更はないが、出発・到着予定時刻は見直したという。

 また、新型コロナウイルス感染予防として、大会組織委員会のガイドラインに従い、▽沿道での応援時は大声を出さず、マスクを着用▽聖火の受け渡しは対面ではなく横並びにする――などの対策を行うという。

スクラップは会員限定です

使い方
1869157 0 東京オリンピック 2021/02/26 08:16:00 2021/02/26 12:59:59 2021/02/26 12:59:59 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース