ニュース

聖火ランナー、高橋大輔選手は一時保留…沿道の密集対策で協議

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山県は25日、5月に県内で実施予定の東京五輪の聖火リレーで走る県選出のランナーを発表した。延期前に決まっていた53人のうち52人に変更はないが、フィギュアスケート・高橋大輔選手(34)は新型コロナウイルス対策で沿道の密集回避が必要なため、一時的に参加保留となった。

 聖火リレーの事務局を務める県スポーツ振興課によると、大会組織委員会は、新型コロナ対策を徹底してリレーを実施する方針で、著名人が走る際は観客の密集を避けるのが必須となっている。

 高橋選手に関しては大会組織委と協議が続いているため、今回の決定では保留になったという。同課の宮野欣也課長は「内定者を走らせないことは、考えていない。リスクを少なくする対策が決まれば、追加で発表する」と説明している。

 また、発表された52人には、改めて参加意思を確認して再度決定した。奈義町の中学校教諭、延原理衣さん(36)は「中止になるかもしれないと思う時もあったが、今は前向きに走りたいと感じている」と語った。

 県内では、スポンサー枠も含め170~180人程度が走る予定。5月19日に井原市をスタートし、岡山市の岡山城にゴールすると、20日は玉野市をスタートして、津山市でリレーを終える。

無断転載・複製を禁じます
1869888 0 東京オリンピック2020速報 2021/02/26 13:12:00 2021/02/26 15:12:41 2021/02/26 15:12:41

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある