ニュース

[選手たちの10年 東日本大震災]<3>「復興五輪へ」誓う金…福島で被災 バド渡辺・東野組

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京五輪で金メダルを目指すバドミントン混合ダブルスの渡辺勇大(手前)と東野有紗(2018年の世界選手権で)
東京五輪で金メダルを目指すバドミントン混合ダブルスの渡辺勇大(手前)と東野有紗(2018年の世界選手権で)

 英バーミンガムで開催された昨年のバドミントン全英オープン。混合ダブルス初戦で苦戦しながらも韓国ペアを破った渡辺勇大(23)、東野有紗(24)(ともに日本ユニシス)は、主要大会の成績に基づき、目標の東京五輪代表入りを確実にした。くしくもその日は、3月11日。「運命を感じた」と東野。2人とも、あの日のことを忘れたことはない。

     ◎

 地震に襲われたのは、体育館で練習に向けたウォーミングアップの最中。当時、渡辺は福島・富岡一中の1年生、東野は2年生だった。半袖、短パン姿で外に飛び出した渡辺は恐怖に震え、「死を覚悟した」。車の中で母と朝を迎えたという東野は、「食欲もわかなくて本当に心細かった」と振り返る。

 東野は北海道、渡辺は東京の実家にそれぞれ戻った。学校のあった富岡町は、東京電力福島第一原発から20キロ圏内で立ち入りが制限。拠点を移した福島県猪苗代町で部活動を再開したのは5月になってからだった。

 その2か月間は、2人の意識に大きな変化をもたらした。ラケットもシューズも持たず避難した渡辺は、父の職場関係者から道具を譲ってもらった。「バドミントンができることが当たり前ではない」と感じ、東野も「一日一日を大事に過ごすようになった」という。

 震災から約1年後、2人はインドネシアでの大会で初めてペアを組んだ。日本ユニシスに入った東野がペアを続けるため渡辺を同社に誘い、2017年には全日本総合選手権を初制覇。18年の全英オープンの混合ダブルスで日本勢初の優勝を果たし、一躍、東京五輪のメダル候補に名乗りを上げた。

     ◎

 1964年の東京五輪は戦後日本の復興を世界に示した。2度目となる今回は、新型コロナウイルスの影響で1年延期され、震災から10年を経た節目の開催だ。渡辺は「まだ完全に復興が進んでいない中、多くの方を勇気づけられるよう五輪の舞台で素晴らしいプレーをしたい」と大舞台へ思いをはせる。福島をはじめ、支えてくれた全ての人々への感謝が金メダルへの思いにつながっている。(帯津智昭)

仙台に母校 感謝の力走…マラソン服部「明るくしたい」

東京五輪のマラソン日本代表に内定し、抱負を語る服部勇馬(福島県郡山市で、2020年3月12日撮影)
東京五輪のマラソン日本代表に内定し、抱負を語る服部勇馬(福島県郡山市で、2020年3月12日撮影)

 「苦しい経験があったからこそ強くなれた」。東京五輪男子マラソン代表に内定している服部勇馬(27)(トヨタ自動車)はそう言い切った。

 宮城・仙台育英高2年の時、千葉で合宿中に被災。故郷の新潟に1か月以上避難し、学校に戻ると、練習施設は遺体安置所となっていた。慣れ親しんだ沿岸部の練習コースも変わり果てた姿になり、「走っていてもいいのだろうか」と思い悩んだ。

 その年の夏、岩手などでの高校総体は関係者らの尽力によって開催が実現した。「競技ができる喜びや周りの人々への感謝、1人では走っていないんだと思った」。男子5000メートルで5位に入る力走を見せ、高校卒業後は東洋大のエースとして箱根駅伝でも活躍。この10年で日本のトップランナーへと飛躍していった。

 「(10年の時間の流れは)かなり早く感じた」と服部。「被災地のことを思うのは3月11日に限ってのことではないが、忘れられない一日でもある」と明かす。

 東京五輪が1年延期され、大会も次々と中止となった昨春は、走ること自体に悩んだ震災当時と思いが重なった。だが、「一人でも多くの人に勇気や元気を与えることができれば、走る意味は少しでもある」。そう信じて練習を続けてきた。

 「(高校時代を過ごした)仙台で育ったからこそ、被災地を少しでも明るくしたいという思い。五輪があると信じて走り続ける」。夢の舞台で力走し、第二の故郷にエールを送りたい。(西口大地)

無断転載・複製を禁じます
1893378 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/08 05:00:00 2021/03/11 14:32:58 2021/03/11 14:32:58 バドミントン世界選手権。混合ダブルス3回戦で敗退した渡辺勇大、東野有紗組。中国・南京で。2018年8月2日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210307-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある