ニュース

和歌山の聖火リレー、44人が14市町を走る…田中理恵さんら

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4月9、10両日に和歌山県内を巡る東京五輪聖火リレーについて、県の実行委員会がランナーを公表した。五輪が1年延期となる前に決まっていた走者のうち、2人が日程の都合により辞退。新たに1人が加わり、計44人が14市町を走る。

 辞退したのは、レスリングの五輪メダリスト、湯元健一さん、進一さん兄弟。新たに、長年陸上競技に親しむ和歌山市の宮下正さん(74)が加わった。

 そのほか、同9日には、新宮市で1964年の東京五輪の体操金メダリスト・早田卓次さん、海南市で2012年のロンドン五輪体操女子代表・田中理恵さんらが走る。10日には、橋本市で五輪に3度出場して「ミスターアマ野球」と呼ばれた杉浦正則さんらが登場する。

 実行委は、新型コロナウイルス感染防止のため、沿道での観覧ではなく、インターネットで視聴できる生中継を活用することを勧めている。また沿道で観覧する場合には、マスクを着用することや大声を控えること、人が密集している場所での観覧を避けることを呼び掛けている。

 聖火リレーのコースは、和歌山市や新宮市、串本町などで一部が変更された。コースの詳細や走者の名簿については、県教育委員会のウェブページで確認することができる。

無断転載・複製を禁じます
1899442 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/10 10:47:00 2021/03/10 10:47:00 2021/03/10 10:47:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210309-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある