ニュース

「交流が楽しみだったから非常に残念」、落胆の五輪関係者…海外客断念方針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今夏の東京五輪・パラリンピックについて、政府などが海外からの一般客の受け入れを断念する方針であることが明らかになり、大会にかかわる埼玉県内関係者からは落胆や困惑の声が上がった。

 「世界中から来るお客さんと交流できるのを楽しみにしていたので、非常に残念」。射撃の競技会場となる朝霞市が独自に募集した「おもてなしボランティア」の浅野正晴さん(80)は肩を落とした。

 県は、会場周辺で道案内などを行う「都市ボランティア」として5400人を採用した。うち1170人は、英語や中国語などが堪能な「語学専門」のボランティアだ。

 都市ボランティアについては、大会の1年延期で日程が合わなくなったことなどを理由に、すでに約400人が辞退している。県オリンピック・パラリンピック課の担当者は「海外客が来ないことになれば、辞退者はさらに出るかもしれない」と懸念した。

 競技会場となる自治体の担当者らからもため息が漏れた。朝霞市と同様、射撃競技が行われる新座市の担当者は「新座を世界にアピールできる機会だった。残念だが、安全のためには仕方がない」と話した。

 バスケットボールとサッカーの競技会場となるさいたま市にある、市大宮盆栽美術館の石井崇係長(45)は「美術館にも外国人がたくさん訪れ、盆栽について世界中に発信されるきっかけになると期待していたのに」と残念がった。

無断転載・複製を禁じます
1902934 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/11 12:07:00 2021/03/11 12:07:00 2021/03/11 12:07:00

「バスケットボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある