ニュース

福島の聖火リレー、自治体主催イベントは観客容認…マスク徹底

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」を出発する東京五輪の聖火リレーを巡り、福島県は12日、出発式など県、市町村が主催する聖火リレーの関係行事は観客を入れて実施すると発表した。マスクを着用していない観客には、退場を促すなど、新型コロナウイルス感染対策を万全にする。

 県によると、25日から27日に同県を巡る聖火リレーでは、大半の行事の参加は、事前予約を不要とし、人数制限も設けない。会場では1~2メートルの間隔を空けてもらい、密集が発生しそうな場合は警備員が別の場所に誘導する。県の担当者は「多くの県民に聖火リレーを見てもらいたいと考えて判断した」と説明した。

 一方、関係者によると、大会組織委員会は25日に「Jヴィレッジ」で行われる出発式典については、無観客とする方針だ。一般客約3000人を集めて行う予定だったが、感染防止のため関係者のみに限定する。

 また、県は相馬市の相馬中村神社について、本来は参道(約300メートル)を走る予定だったが、参道脇のグラウンドや駐車場を走るようコースを一部変更した。2月13日の福島県沖を震源とする地震で石灯籠が倒れて危険なためという。

 聖火リレーは、福島県を出発地に約1万人が121日間かけて、全国859市区町村を巡る予定。7月23日の開会式で国立競技場の聖火台にともされる。

無断転載・複製を禁じます
1905600 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/12 13:06:00 2021/03/12 14:25:39 2021/03/12 14:25:39

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある