ニュース

五輪・パラの海外客受け入れ、バッハ会長「日本の決定を尊重」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は12日、総会後の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの海外からの観客受け入れについて、「日本の決定を尊重し、受け入れる」と述べた。政府と大会組織委員会、東京都は受け入れを見送る方針を固めており、IOC、国際パラリンピック委員会(IPC)との5者会談を経て、五輪聖火リレーが始まる3月25日までに決定する見通しだ。

バッハ会長=ロイター
バッハ会長=ロイター

 バッハ氏は日本側に判断を委ねる理由を「日本の保健規制や全体の状況を知ることができるのは彼らだけだ」と語った。海外からのボランティアの参加や選手の家族の訪日についても、日本側の判断を待つ意向を示した。

 中国の新疆ウイグル自治区での少数民族への人権侵害などを理由に、来年の北京冬季五輪・パラリンピックのボイコットを求める声が出ていることに関しては、「五輪のボイコットから何かが得られたことはない。選手らに害を及ぼすだけだ」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1908368 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/13 18:46:00 2021/03/13 19:52:24 2021/03/13 19:52:24 International Olympic Committee President Thomas Bach attends the launch of Olympic Agenda 2020+5 during the 137th IOC Session and virtual meeting in Lausanne, Switzerland, March 12, 2021. Greg Martin/IOC/Handout via REUTERS THIS IMAGE HAS BEEN SUPPLIED BY A THIRD PARTY. NO RESALES. NO ARCHIVES https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210313-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある