ニュース

東京五輪・パラ「海外客受け入れ断念」…5者会談で合意

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は20日、国内外での新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、海外からの一般観客の受け入れを断念すると発表した。政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)とのオンライン形式の5者会談で、日本側が受け入れ断念の方針を報告し、IOCとIPCの了承を得た。海外在住者が購入したチケットは払い戻される。

5者会談であいさつするIOCのバッハ会長(奥の画面)。手前は大会組織委員会の橋本聖子会長(20日午後、東京都中央区で)=代表撮影
5者会談であいさつするIOCのバッハ会長(奥の画面)。手前は大会組織委員会の橋本聖子会長(20日午後、東京都中央区で)=代表撮影

 会談には丸川五輪相、東京都の小池百合子知事、組織委の橋本聖子会長、IOCのトーマス・バッハ会長、IPCのアンドルー・パーソンズ会長が出席。日本側は変異ウイルスの出現などコロナの厳しい感染状況が続いており、今夏に海外から日本への自由な入国を保証できないと判断したことを伝えた。IOCとIPCはこれを受け入れることを表明した。

 橋本会長は会談後、「残念でならないが、コロナの状況を見ると、国民のみなさんやアスリートの安全と安心を確保するためには致し方ない結論だった」と述べた。海外在住者にリモートで大会を楽しんでもらう仕組みを検討するという。バッハ会長は「日本のパートナーや友人たちは、結論を軽々に出したのではない」と理解を示した。

 組織委によると、各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)を通じて販売した約63万枚(五輪60万枚、パラ3万枚)のチケットが払い戻しの対象となる。

 IOCが求めているスポンサーなどの招待客の入国について、組織委の武藤敏郎事務総長は「大会関係者として入国できる可能性はある」と述べた。

 会談では、会場の観客数の上限について、4月に5者会談を開き、方向性を決める方針も再確認した。

無断転載・複製を禁じます
1925118 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/20 19:50:00 2021/03/20 23:55:48 2021/03/20 23:55:48 東京五輪・パラリンピックに向けた5者協議であいさつするIOCのバッハ会長(奥)。手前は大会組織委員会の橋本聖子会長=2021年3月20日午後6時、東京都中央区、代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210320-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある