ニュース

五輪開会式の感染拡大リスク、対策徹底で100分の1に…研究チーム「混雑回避やマスク着用」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の開会式で、主催者と観客が新型コロナウイルスの対策を徹底すれば、感染が広がるリスクは100分の1に減るとするコンピューターを使った予測結果を、東京大や福島県立医大などの研究チームが22日、発表した。

 予測は、国立競技場で定員通りの6万人の観客が5時間滞在し、入退場時の混雑回避やマスクの着用など七つの対策を行ったとの想定で行った。

 人口1000万人あたり1日180人の新規感染者がいる流行状況では、会場に6人の無症状感染者が入場すると想定され、無対策なら新規感染者が9・6人増えるが、対策を行うと0・064人となり、感染拡大が抑えられた。東京都は、直近1週間の感染者は1日平均約300人で、1000万人あたりだと約215人となる。

 想定では、観客は売店やトイレは利用するが、飲食は仕切りのある自席で行う。変異ウイルスによる感染力の変化や、ワクチン接種の予防効果は考慮されていない。

 東京慈恵会医科大の浦島充佳教授(公衆衛生学)の話「開会式前後の飲食や移動による感染拡大への注意も必要だ」

無断転載・複製を禁じます
1929075 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/22 20:11:00 2021/03/23 09:13:51 2021/03/23 09:13:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210323-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある