ニュース

台風で聖火リレー中止「ショックで前後の記憶ない」…半世紀越しの夢かなえる女性

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日に始まった東京五輪の聖火リレー。神戸市では1964年の東京五輪で走れなかった人たちが、半世紀越しの夢をかなえようと待ちわびる。

体力づくりのため卓球場で練習に励む中西さん(21日、兵庫県加古川市で)=吉野拓也撮影
体力づくりのため卓球場で練習に励む中西さん(21日、兵庫県加古川市で)=吉野拓也撮影

 「もう一度、聖火リレーと縁ができるなんて」。中西鈴子さん(71)(兵庫県加古川市)はトーチを掲げる日を心待ちにする。

1964年当時の聖火リレーのユニホームを着た中西さん(本人提供)
1964年当時の聖火リレーのユニホームを着た中西さん(本人提供)

 兵庫県西宮市立中の3年生だった当時、卓球で市大会に優勝したことが評価され、走者に抜てきされた。ユニホームを着て記念撮影した写真が残る。「高校生に交ざって選ばれ、誇らしかった」

 1964年の聖火リレーでは、兵庫県庁―大阪府庁(約40キロ)を9月25日、中高生ら700人近くが走る予定だったとされる。しかし、九州に上陸した台風で風雨が強まり、前日に中止が決定。中西さんは「あまりのショックで、その前後に何をしたか記憶がない」と振り返る。

聖火ランナーに選ばれた「56年目のファーストランの会」のメンバー(トーチを持つのが上塚さん、左から2番目が中西さん)=2019年12月、兵庫県西宮市で
聖火ランナーに選ばれた「56年目のファーストランの会」のメンバー(トーチを持つのが上塚さん、左から2番目が中西さん)=2019年12月、兵庫県西宮市で

 その後、リレーのことは胸の奥にしまっていたが、2度目の東京五輪開催が決まり、「また走りたい」との思いが湧いてきた。台風で走れなかった人たちが2017年、リレーへの参加を目指す「56年目のファーストランの会」を結成したと知り、「同じ思いをしている人がいる」と連絡を取った。

 

残り:377文字/全文:1293文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1936578 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/25 15:00:00 2021/03/25 15:56:49 2021/03/25 15:56:49 2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれ試走する「幻のランナー」(16日、兵庫県西宮市で)=里見研撮影2019年12月16日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210325-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある