ニュース

台風で聖火リレー中止「ショックで前後の記憶ない」…半世紀越しの夢かなえる女性

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日に始まった東京五輪の聖火リレー。神戸市では1964年の東京五輪で走れなかった人たちが、半世紀越しの夢をかなえようと待ちわびる。

体力づくりのため卓球場で練習に励む中西さん(21日、兵庫県加古川市で)=吉野拓也撮影
体力づくりのため卓球場で練習に励む中西さん(21日、兵庫県加古川市で)=吉野拓也撮影

 「もう一度、聖火リレーと縁ができるなんて」。中西鈴子さん(71)(兵庫県加古川市)はトーチを掲げる日を心待ちにする。

1964年当時の聖火リレーのユニホームを着た中西さん(本人提供)
1964年当時の聖火リレーのユニホームを着た中西さん(本人提供)

 兵庫県西宮市立中の3年生だった当時、卓球で市大会に優勝したことが評価され、走者に抜てきされた。ユニホームを着て記念撮影した写真が残る。「高校生に交ざって選ばれ、誇らしかった」

 1964年の聖火リレーでは、兵庫県庁―大阪府庁(約40キロ)を9月25日、中高生ら700人近くが走る予定だったとされる。しかし、九州に上陸した台風で風雨が強まり、前日に中止が決定。中西さんは「あまりのショックで、その前後に何をしたか記憶がない」と振り返る。

聖火ランナーに選ばれた「56年目のファーストランの会」のメンバー(トーチを持つのが上塚さん、左から2番目が中西さん)=2019年12月、兵庫県西宮市で
聖火ランナーに選ばれた「56年目のファーストランの会」のメンバー(トーチを持つのが上塚さん、左から2番目が中西さん)=2019年12月、兵庫県西宮市で

 その後、リレーのことは胸の奥にしまっていたが、2度目の東京五輪開催が決まり、「また走りたい」との思いが湧いてきた。台風で走れなかった人たちが2017年、リレーへの参加を目指す「56年目のファーストランの会」を結成したと知り、「同じ思いをしている人がいる」と連絡を取った。

 

残り:377文字/全文:1293文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
1936578 0 東京オリンピック 2021/03/25 15:00:00 2021/03/25 15:56:49 2021/03/25 15:56:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210325-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース