ニュース

聖火リレー2日目、注目度が高まり沿道の密集目立つ

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

喜多方市のスタート地点付近で、互いの距離を空けるよう呼びかけるスタッフ(26日、喜多方市で)
喜多方市のスタート地点付近で、互いの距離を空けるよう呼びかけるスタッフ(26日、喜多方市で)

 聖火リレーの2日目は、初日に比べ、沿道の人が密集状態になる場面が目立った。各地で穏やかな気候となったほか、初日の様子が報道されるなどしてリレーの注目度が高まったためとみられる。

 スタートやゴール地点では隣の人とくっつくように立ち、盛んに声を出してランナーを応援する人もいた。運営スタッフらは「隣とのスペースを十分に保って」などと繰り返し呼びかけた。福島県相馬市の無職男性(79)は自転車で沿道まで駆けつけた。「本当は感染リスクを警戒してテレビ越しに応援するつもりだったけど、天気も良かったから」。初日の華やかなリレーのニュースを見て、「この目で見たい」と思い立ったという。「地元に明るい話題が少なかったので久しぶりに元気が出た」と喜んだ。

 最終日の3日目は土曜で、さらに多くの人が集まる可能性がある。組織委は過度に密になればリレーをいったん中断する方針を決めており、県などは注意を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1941190 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/27 10:26:00 2021/03/27 10:26:00 2021/03/27 10:26:00 聖火リレーのスタート前に沿道の観衆が増え、距離を空けるよう呼びかけるスタッフ(左)(26日午後3時28分、喜多方市で)=黒羽泰典撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210326-OYT8I50148-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある