ニュース

群馬を走った堀江翔太選手「世の中を明るく」、車道には観衆

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 聖火が通過した群馬県内の沿道には多くの住民らが訪れ、一部では密集も生じた。

 太田市では、第1走者で登場したラグビー・パナソニックワイルドナイツの堀江翔太選手(35)の姿を一目見ようと、観衆が車道にあふれる事態となり、スタッフが「密集しています。隣の人と肩が触れないよう動いて」と注意を呼びかけた。同市の高校生(18)は「やっぱり少し『密』と感じた。間隔を取るよう気をつけた」と語った。

堀江選手を応援するため、沿道に集まった大勢の観客(30日午前11時58分、太田市で)
堀江選手を応援するため、沿道に集まった大勢の観客(30日午前11時58分、太田市で)

 堀江選手は、「スポーツの力で、世の中を明るくできたらいいなという思いがあった。五輪を目指す選手は1年延期となって大変だろうが、最高の舞台で頑張ってほしい」と話した。

 上野村では、スタート前にトーチへの点火に手間取って出発が遅れた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1950798 0 東京オリンピック2020速報 2021/03/31 10:00:00 2021/03/31 10:00:00 2021/03/31 10:00:00 太田市内の第一走者として市民会館をスタートした堀江翔太さん(午前11時58分、太田市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210331-OYT8I50010-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スポーツの力」のニュース

オリンピック 新着ニュース