ニュース

池江璃花子「勝てるのはずっと先だと思っていた」…レース後の一問一答

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の代表選考会を兼ねる競泳の日本選手権で、白血病から復帰した池江璃花子(20)が4日、女子100メートルバタフライ決勝で57秒77をマークして優勝した。400メートルメドレーリレーの派遣標準記録を上回り、代表に内定した。

インタビューの際、感極まり涙を見せる池江璃花子選手(4日、東京アクアティクスセンターで)=上甲鉄撮影
インタビューの際、感極まり涙を見せる池江璃花子選手(4日、東京アクアティクスセンターで)=上甲鉄撮影

 池江の一問一答は次の通り。

 ――3年ぶりの日本選手権で優勝した。

 「まさか100メートルで優勝できると思っていなかった。5年前の五輪選考会よりもずっと自信もなかったし、自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた。勝つための練習もしっかりやってきたし、最後は『ただいま』という気持ちで入場してきた。つらくてしんどくても、努力は必ず報われるんだなと思った」

 ――予選から決勝まで3本、タイムを上げ続けた。

 「予選、準決勝でターンが合わず、改善点があった。57秒台は出ると思っていなかった。リレーの派遣(標準記録)も切れると思っていなかったのですごくうれしい。何番でもここにいることに幸せを感じようと思っていた。今はすごく幸せ」

 ――力が戻ってきている手ごたえは。

 「ものすごく自信がついたレースでもあった。自由形も残っているし、あと3種目あるので気を抜かずに頑張りたい」

 ――タイムを見た瞬間は。

 「順位が見えた瞬間は驚いた。その後に『あっ、リレーの派遣記録を切っている』と思ってそこで初めてうれしさというか、色んな感情がこみ上げた」

 ――パリ五輪を目指してきた中、東京五輪代表に。

 「(東京五輪は)行けなくてもいいかという気持ちでもあった。東京を経験して次につなげられたら」

スクラップは会員限定です

使い方
1961271 0 東京オリンピック 2021/04/04 23:31:00 2021/04/04 23:45:05 2021/04/04 23:45:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース