ニュース

闘病の子らに希望を…思い胸に愛知県聖火リレー1日目

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーが5日、愛知県内で始まった。入院中の子どもたちに希望を、伝統の技を世界へ発信――。様々なランナーがそれぞれの思いを胸に、瀬戸市から名古屋市へと聖火をつないだ。6日は豊橋市をスタートし、豊田市でゴールする。

手を振りながら熱田神宮を走る和田さん=稲垣政則撮影
手を振りながら熱田神宮を走る和田さん=稲垣政則撮影

入院中の子どもたちにマラソンメダルを

 名古屋市の熱田神宮では、闘病中の子どもらを支援する春日井市のランニングコーチ和田真人さん(52)が「子どもたちに元気と勇気を持ってもらえるように」と、玉砂利の参道を軽快に走った。

 和田さんは7年前から、クリスマスに県内各地の病院を訪れ、自身やランナー仲間が参加したマラソン大会で完走の記念に贈られたメダルなどを、入院中の子どもたちにプレゼントしている。「力を尽くした証しのメダルを、病気と闘う力にしてほしい」との思いが込められ、近年はSNSで活動を知ったランナーの寄付もあり、毎年100個近くが集まる。

 訪問先には、ベッドから離れられない子や、テレビや本でしか外の景色を知らない子がいる。「外で思い切り走り回りたい。いろんな所へ行ってみたい」という思いが痛いほど伝わってくるという。

「五輪には人の心を打つドラマがある」

 和田さんは、そんな子どもたちに自身の体験を聞かせている。2012年に挑戦した「サハラマラソン」で、モロッコの砂漠を7日間で250キロ走破した話を冒険談のように語り、「世界中、どこにだって行ける」と力を込めると、「元気になっていつか自分も走り、同じメダルを取る」と目を輝かせて聞き入る子もいる。

 大きな手術を終えたばかりの子の首に「よく頑張ったね」とメダルをかけてあげると、涙を流して喜んでくれることもあるという。

 元々は自分のやりがいのために始めたマラソンだったが、サハラマラソン完走後は、「走ることで誰かの力になりたい。完走する感動を多くの人と共有したい」とチャリティーマラソンに参加したり、自身で企画したりしてきた。

 「五輪には人の心を打つドラマがある。その舞台につながる聖火リレーを走った体験を伝えられれば、子どもたちの大きな希望になるはず」。走り終えた和田さんは、かみしめるように語った。今年のクリスマスはトーチを手に、この感動を伝えに行くつもりだ。

無断転載・複製を禁じます
1964128 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/06 05:00:00 2021/04/06 05:00:00 2021/04/06 05:00:00 手を振りながら熱田神宮を走る和田真人さん(5日午前10時53分、名古屋市で)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210405-OYT8I50083-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある