ニュース

瀬戸で出発式、和太鼓で勢い…犬山城前では鵜飼い実演

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

小中学生ら演奏

 愛知県瀬戸市の深川神社では出発式が行われ、市内の小中学生を中心とする「瀬戸子供太鼓こまいぬ座」が、和太鼓の演奏で県内での聖火リレーの開幕を祝った。

 「ハイッ」「サッ」というかけ声とともに勇壮な太鼓の音を響かせた。出発式を見に訪れた同市の主婦(29)は「聖火を見て、いよいよ五輪が近づいてきたんだなと、実感がわきました」と声を弾ませた。

 出発式には大村秀章知事も出席し、「コロナを克服し、愛知の心を世界に届けていきたい」と述べた。

各地でミニ式典

 聖火リレーを盛り上げるミニセレブレーションも愛知県内の各地で行われた。

鵜飼いを実演する石原さん
鵜飼いを実演する石原さん

 犬山市の犬山城前広場では、「木曽川うかい」の鵜匠うしょう石原篤郎さん(44)が、手縄をつけた鵜を操りながら魚をのませる様子などを披露した。石原さんは「多くの人に木曽川うかいを見に足を運んでほしい」と話した。

 稲沢市では出発前、同市出身の武田佳泉かなみさん(31)と、白藤ひかりさん(31)による津軽三味線デュオ「輝&輝きき」が「津軽じょんがら節」などを力強く演奏した。武田さんは「久々の明るい舞台に携われてうれしい。走者と一緒に地元を盛り上げたい」と話していた。

 清須市の清洲城広場では、能楽師の竹市幸司さん(74)が「桶狭間の戦いの出陣前夜」を披露し、織田信長が合戦前夜に「敦盛」を舞った様子を再現した。竹市さんは「大会の成功を心から祈っている」と話した。

聖火ランナーを見ようと集まった大勢の人たち(5日午後7時49分、名古屋市中区で)=尾賀聡撮影
聖火ランナーを見ようと集まった大勢の人たち(5日午後7時49分、名古屋市中区で)=尾賀聡撮影

仕事帰り会社員 一時密集状態に

 5日の最終走行区間となった名古屋市中心部のコース沿いには仕事帰りの会社員らが連なった。

 聖火を受け渡す場所の近くなどでは肩が触れあうほどの密集状態となった。ランナーを追走する観客も多く、警察官が「走らないで」と呼びかける場面も見られた。同市北区、自営業の男性(68)は「想像以上に人が多く、声援を送る人もいたので感染者が出るのではないかと心配になった」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1964219 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/06 05:00:00 2021/04/06 05:00:00 2021/04/06 05:00:00 鵜に魚を食べさせる石原さん(犬山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYT8I50005-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある