ニュース

聖火リレーを前に、密集避けるため地面に足跡マーク…三重

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーは7、8日、三重県内で行われる。184人のランナーが2日間で計12市町を巡り、それぞれの思いを胸に聖火をつなぐ。

 県実行委員会は、新型コロナウイルス感染防止に向けた準備を進める。津市のゴール地点となる県庁では6日、実行委の担当者が、「隣の人と肩が触れ合うほどの密集」を避けるために目印を設置。足跡マークを1メートル間隔で地面に貼った。

聖火リレーを迎える太鼓演奏に向け、意気込む西世古さん(伊勢市で)
聖火リレーを迎える太鼓演奏に向け、意気込む西世古さん(伊勢市で)

 伊勢市のおはらい町通りでは沿道にLEDライトを設置し、ランナーの走行路と観覧エリアを分ける。おかげ横丁の前で太鼓をたたき、ランナーを迎える「神恩太鼓」メンバーの西世古葉さん(41)は「東京五輪と聖火リレーの無事を願ってたたく。盛り上げたい」と力を込めた。

 実行委によると、沿道での密集を避けるため、交通規制区間の一部を開放して観覧エリアを広げたり、入場制限を実施したりする場合がある。大会組織委員会は、過度な密集が生じた場合、リレーを中断するとしている。鈴木英敬知事は「何としても中止を避けるため、県民の協力を」と呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1967108 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/07 05:00:00 2021/04/07 05:00:00 2021/04/07 05:00:00 おはらい町通りで抱負を語る西世古さん(4月2日午前10時15分、伊勢市で)=黒岩宏行撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYT8I50131-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある