ニュース

松坂城跡でアタックポーズ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トーチキスの後、アタックのポーズを決める浅尾さん(右)と高山さん(松阪市で)
トーチキスの後、アタックのポーズを決める浅尾さん(右)と高山さん(松阪市で)

 東京五輪の聖火リレーが8日、三重県内で行われた。松阪市の松坂城跡で行われたミニセレブレーションでは、高山野亜さん(20)から元プロビーチバレー選手の浅尾美和さん(35)に聖火が引き継がれた。浅尾さんのトーチに火がつくと、2人はバレーボールのアタックのポーズを披露。詰めかけた観客から大きな拍手が起きた。

 大役を終えた高山さんは「緊張したが、楽しんで走ることができた。一生の思い出になります」。浅尾さんは「たくさんの人が笑顔になれるよう願いながら、聖火をつなぎたい」と決意を語り、走り出した。

スクラップは会員限定です

使い方
1972821 0 東京オリンピック 2021/04/09 09:51:00 2021/04/09 10:56:07 2021/04/09 10:56:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210409-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「バレーボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース