ニュース

五輪予選・飛び込みW杯の中止回避、5月1日から東京で開催へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際水泳連盟(FINA)が日本で予定していた東京五輪最終予選3大会の中止の可能性を通告していた問題で、FINAは9日、今月18日から東京アクアティクスセンターで開催予定だった飛び込みのワールドカップは5月1日から6日に同センターで行うことで日本側と合意したと発表した。

 5月1日から同センターで行う予定だったアーティスティックスイミングの五輪世界最終予選については、「今後数日で決定する」としている。また、5月29日から福岡市で行うとしていたオープンウォータースイミング五輪世界最終予選は、6月19、20日にポルトガルで開催することも発表。FINAや日本水連、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会などは、FINAの通告後、中止回避に向けて協議を本格化させていた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
1975246 0 東京オリンピック 2021/04/10 01:15:00 2021/04/10 12:12:22 2021/04/10 12:12:22

「飛び込み」のニュース

オリンピック 新着ニュース