ニュース

時代超えてつながる聖火、64年走者の祖父に憧れ

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1964年に聖火ランナーを務めた祖父と同じ大役を果たした渡辺君(岩出市で)
1964年に聖火ランナーを務めた祖父と同じ大役を果たした渡辺君(岩出市で)

 「沿道の人たちの笑顔が見えて、とても楽しく走れた」

 和歌山県岩出市で聖火をつないだ、市立岩出第二中2年の渡辺敦紀君(13)は晴れやかな表情を見せた。

 祖父の宇田徳さん(75)も1964年東京五輪の聖火ランナーを務めた。沿道の観衆、電柱や民家の屋根に上って声援を送る人たち――。当時の写真から伝わるにぎやかで華やかな様子に、「自分も走ってみたい」と思い立ったという。

 幼い頃から走るのが好きで5歳から小学校卒業まで地元の陸上クラブなどに所属。中学では陸上部に入り、中長距離を中心に走っているという。昨年は男子1年1500メートルで全国トップのタイムを記録した。

 世代を超え、祖父から孫へつながれたあこがれの聖火。沿道に駆けつけた宇田さんは「堂々と走っていた。陸上選手としてのこれからの活躍も期待したい」とたたえ、渡辺君は「将来は箱根駅伝を走り、マラソン選手として五輪にも出たい」と次なる夢を膨らませた。

無断転載・複製を禁じます
1977698 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/11 10:44:00 2021/04/11 10:44:00 2021/04/11 10:44:00 1県用 0170214 渡辺敦紀 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210410-OYT8I50062-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある