ニュース

沖縄県、本島の公道の聖火リレー中止で調整…ゴール周辺のみでの開催検討

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

沖縄県庁
沖縄県庁

 沖縄県で5月1、2日に予定されている東京五輪の聖火リレーについて、県実行委員会と大会組織委員会が沖縄本島の公道でのリレーを中止し、それぞれ初日と2日目のゴールとなっている名護、糸満両市の会場に集約する方向で調整していることがわかった。関係者によると、両会場でランナーを走らせるか、セレモニーのみを行うか検討している。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、両市や那覇市など沖縄本島の9市は、12日から5月5日まで「まん延防止等重点措置」の対象となっている。

 措置を踏まえ、県実行委と大会組織委は沖縄本島の公道を走るリレーは困難と判断。初日ゴールの名護市民会館周辺、2日目ゴールの糸満市の平和祈念公園でのみ開催する方向で検討している。大阪府のように、ランナーを周回形式で走らせることが可能かについても協議している。

 一方、県実行委は重点措置の対象地域ではない離島については予定通りリレーを実施したい意向で、大会組織委と調整を進めている。

 沖縄県では今月7日、新型コロナの感染者が過去2番目となる155人確認されるなど、今月に入って100人超となる日が相次いでいる。すぐに使用できる病床も満床状態となるなど医療体制も逼迫ひっぱく。県は重点措置の適用を受け、県全域の飲食店などに対し、午後8時までの営業時間短縮を要請している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
1986909 0 東京オリンピック 2021/04/15 11:19:00 2021/04/15 12:26:32 2021/04/15 12:26:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210415-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース