ニュース

二階氏の五輪「中止」発言、コメント出し沈静化図る「開催に向け支えていく」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の二階幹事長は15日、TBSのCS番組収録で、東京五輪・パラリンピックについて、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない場合は中止も選択肢にせざるを得ないとの認識を示した。この発言は波紋を広げ、二階氏は真意を説明するコメントを出して沈静化を図った。

二階・自民党幹事長
二階・自民党幹事長

 二階氏は収録で「五輪をぜひ成功させたい」と強調。その上で、五輪による感染拡大を懸念する声があると水を向けられると、「とても無理だということだったら、すぱっとやめないといけない。五輪で感染を蔓延まんえんさせたら、何のための五輪かわからない」と述べた。

 二階氏はこれまで「開催促進の決議をしてもいいくらいだ」などと主張してきた。この発言が伝えられると、政府・与党内に「幹事長が立場を変えた」といった臆測が飛び交い、海外メディアも報じた。こうした事態を収拾するため、二階氏は「何が何でも開催するのか、と問われれば、それは違うという意味で申し上げた。開催に向け、しっかり支えていくことに変わりはない」とのコメントを発表した。菅首相は15日夜、二階氏が五輪中止の可能性に言及したことを記者団に問われると、「二階氏はその後、コメントを出している。政府としても、開催に向けて感染防止に万全を尽くしていきたい」と語った。

 一方、二階氏はこの収録で、衆院解散・総選挙の時期について、「今すぐというよりも、少し(新型コロナの状況が)落ち着きを見せてからがいいのではないか」と述べた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
1987989 0 東京オリンピック 2021/04/15 18:53:00 2021/04/16 07:29:29 2021/04/16 07:29:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210415-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース