ニュース

徳島県の聖火リレー第一走者「一生の一度の貴重な機会」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の聖火リレーが15日、徳島県内で始まった。四国で最初の聖火リレーとなった県内での第1走者は、2018年のウェークボード世界選手権に出場した千葉結那さん(14)だった。

トーチを手に走る千葉さん(三好市で)
トーチを手に走る千葉さん(三好市で)

 2018年夏に三好市の池田ダム湖で開かれたウェークボード世界選手権に、小学生チーム「イケダコイレブン」のメンバーとして参加した。「大好きな三好の良さを伝えたい」と、箸蔵山ロープウェー登山口駅をスタート。県内最初の走者としての役割を果たした。

 小学生でウェークボードを始め、小6で選手権に出場した。三好市に多くの外国人が訪れ、同じ年齢くらいの女の子と写真を撮ったり話をしたりしたという。「ウェークボードを通じて交流することで、世界を身近に感じた」と振り返る。

 三好市は山や川など自然が多い。池田ダム湖は山に囲まれて風が少ないため、ウォータースポーツに向いているという。地元の魅力を感じてもらい「大好きな三好を盛り上げたい」と意気込む。「一生に一度の貴重な機会」と五輪に関わる喜びをかみしめ、満面の笑みで次の走者に聖火をつないだ。

無断転載・複製を禁じます
1989321 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/16 11:09:00 2021/04/16 11:09:00 2021/04/16 11:09:00 四国で最初の聖火リレーが徳島県で始まり、トーチを手に走る千葉結那さん(15日午前8時44分、徳島県三好市で)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210415-OYT8I50110-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある