ニュース

聖火リレー、九州入り…ランナーにタレント・指原莉乃さんや俳優の石丸謙二郎さん

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーは23日、九州のトップを切って大分県内で始まる。24日までの2日間で全18市町村を巡る。21日は新型コロナウイルスの感染者が30人に上り、各地で感染対策を踏まえた準備が進んでいる。

プラカードで注意喚起

 初日にランナーを迎える中津市。市報やホームページで沿道での密集を避け、マスクの着用を促している。当日はボランティアが「間隔をあけて観覧してください」と書かれたプラカードを掲げる予定だ。

交通規制を知らせる看板(日田市田島本町で)
交通規制を知らせる看板(日田市田島本町で)

 初日ゴールの日田市では、約270人が参加する式典が行われる。会場の中央公園には野外ステージを載せた大型トラックやテント、いすなどを準備する。

 伝統的な町並みが残る豆田町を抜ける市道、県道がルートになっているが、道幅は狭く、歩道もほとんどない。市スポーツ振興課の本川明課長は「どれだけ観客が集まるか予想がつかない。密を避け、無事に聖火をリレーできるように対応したい」と気を引き締める。

 臼杵市は21日、臼杵川周辺を掃除した。2日目に日本泳法「臼杵山内流」で川を泳いでトーチを運ぶことになっている。市職員ら約10人が川にかかる松島橋付近のごみや落ち葉を拾ったり、草を取ったりした。

幕を張るための骨組みができた祝祭の広場
幕を張るための骨組みができた祝祭の広場

 県内最後となる大分市では、市中心部の県立美術館や大分城址じょうし公園前を通り、セレブレーション会場の祝祭の広場に到着する。市出身のタレント・指原莉乃さんや俳優の石丸謙二郎さんらがランナーを務める。

 県内の感染者が30人台になるのは1月以来で、新型コロナ対策は特に注意が必要だ。聖火リレーは予定通り行われる予定で、県実行委は観客の密集を避けるため、祝祭の広場の式典は外から見られないように高さ約3メートルの幕をかける。聖火リレーはネット中継などでの観覧を推奨している。

無断転載・複製を禁じます
2002687 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/22 10:18:00 2021/04/22 11:06:48 2021/04/22 11:06:48 幕を張るための骨組みで囲まれた祝祭の広場 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210422-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある