ニュース

公道での聖火リレー中止、松山市は城山公園でランナー27人が点火セレモニー

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックの聖火リレーが21日、愛媛県内で始まった。新型コロナウイルスの感染拡大のため、松山市では、公道での聖火リレーが中止となり、城山公園でランナー27人による点火セレモニーだけが実施された。無観客で「走らない」異例の形式となったが、1列に並んで「トーチキス」を繰り返し、聖火皿に火をともした。

土佐礼子さん「聖火をみんなとつなぐ幸せ」

ランナーが1列に並んで行われた点火セレモニー(松山市で)=里見研撮影
ランナーが1列に並んで行われた点火セレモニー(松山市で)=里見研撮影

 「アテネから来た聖火を松山でみんなとつなぐことができ、幸せに思う」

 女子マラソンでアテネ、北京五輪に出場した土佐礼子さん(44)は、この日最後のランナーとして登場し、トーチの火を聖火皿に移した後、笑顔を見せた。

 現役を引退後、実業団のアドバイザーを務め、松山市内で家族と暮らす。走ることは今も「生活の一部」といい、各地のマラソン大会にゲストで出場する。

 だが、コロナ禍で大会の中止が相次ぎ、昨年に東京五輪も延期となった。「この状況でスポーツをやっていても大丈夫かな」と悩む一方、「五輪は華やかで、たくさんの感動が生まれる素晴らしい大会。開催に向け、一体感を作ることに貢献したかった」と語る。

気持ち切り替えて笑顔

 ランナーの一人で松山市の野菜料理家やのくにこさん(54)は、公道でのリレー中止が決まった時のことを「福島県から始まった聖火をつなごうと様々な制限を守り、体調管理に万全を期していた。中止と聞いた時は、一瞬言葉を失った」と振り返る。

 それでも式典を終え、「色んな人の思いをのせた火を、次につなげて感動した。晴れ晴れした気持ち。希望の火になってほしい」と明るい笑顔をみせた。

無断転載・複製を禁じます
2002660 0 東京オリンピック2020速報 2021/04/22 09:58:00 2021/04/22 11:04:42 2021/04/22 11:04:42 市内の公道での聖火リレーが中止され、聖火ランナーが一列に並んで行われた点火セレモニー(21日午後6時25分、松山市で)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210422-OYT8I50003-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある